渋谷 マッサージ | YouTuber665 新規会員登録 - ログイン - ランダムブログ - ブログ - ポイントサイト






ブログ名   司馬正太郎の物語(人生について考える)
       七転び八起き、一発逆転!

TOP
プロフィール
ショッピング
メールを送る
お気に入りを見る


司馬正太郎
司馬正太郎


<< 2021年09月 >>

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

日々の暮らし

最近のニュース

思い考えたこと 回想

楽しい、余暇。趣味。

めざせ貧乏脱出


09-12 05:14 いえいえ、元...
 人間の覚悟

09-11 16:34 凄い!
 人間の覚悟

01-10 18:10 若い!(*^...
おかげさまで、完走!

10-06 18:44 似たようなも...
ネットでバイト

10-06 18:42 ありがとうご...
為替の転機になるものはない...




 


めざせ貧乏脱出
2015-09-08 18:52 
  為替の転機になるものはないのか?
       
     『この世界経済をかえる切っ掛けが欲しい。』
     
    【東京為替見通し=日中の指標結果が相場を主導するか】
     (Powered by DZHフィナンシャルリサーチ:08時00分)    
   NY市場は落ち着いた展開。米国およびカナダがレーバーデーの祝日となる中、欧州勢が撤退した後は各通貨で値動きが停滞した。ドル円は119.30円付近で、上下10p程度と極めて狭いレンジを形成してもみ合った。市場参加者の多くが本格復帰する8日以降を見据えた思惑的なフローも見受けられなかった。ユーロドルは1.11ドル半ばで横ばい。ユーロ円は序盤に133.35円までわずかにレンジ上限を広げたが、次第に動意を失った。ポンド円はロンドンタイムからの流れを引き継ぎ、182.53円まで買いを先行させたが、その後は高値圏でもち合い、豪ドル円は82円半ばで模様眺めムードが強くなった。
 本日の東京タイムは、中国関連の話題と本邦の金融政策をめぐる思惑の綱引きとなりそう。中国では8月貿易統計が発表される。貿易黒字は480億ドルと、7月の430億ドルから拡大する見込み。ただ、市場の関心は輸出入などの内訳で、特に9カ月連続で前年を下回る輸入が8月もマイナスになれば、中国の内需減速を通じた世界経済のセンチメント悪化が懸念される。また、中国当局は今年に入って断続的な緩和を実施しているが、一連の施策の効果に対する懐疑的な見方も強め、追加緩和の必要性が取りざたされそう。中国当局は、株式を1年以上保有する個人に対し、配当金に課せられる税金を免除するとの株価対策を発表しているが、指標結果が弱めなら、株式市場の動揺が他市場にも波及しそうである。  また、本邦の4-6月期GDP・2次速報値も発表される。前期比年率は1次速報値の-1.6%から下方修正され、-1.8%へ低下する見込み。景気や物価見通しがさえない中で下方修正の幅が大きくなれば、7-9月期の低成長への思惑を強め、日銀の追加緩和を想起させる展開もあるだろう。リスク回避の円買いと日銀の追加緩和への期待の強弱が相場のドライブ要因となるか。
   
【ドル円119円半ばに、上海総合はプラス圏に】(15時17分)
 
日経平均は400円超の反落で大引けしたが、上海総合指数はプラス圏に浮上している。ドル円は下げ幅を帳消しにし119円半ばに持ち直し、、ユーロ円は134.01円まで高値を更新した。また、ポンドドルは1.5371ドル、ポンド円は183.66円まで一段高。三井住友海上が英損保アムリンを買収するとの報道もポンド買いの支援材料となっているもよう。
   

【ドル円120円台回復、オセアニア通貨もしっかり】(16時13分)
 
中国株の反発や米長期債利回りの上昇を受けて、ドル円は120円の大台を回復し、120.03円まで上値を伸ばした。オセアニア通貨も堅調な動きで、豪ドル/ドルは0.6987ドル、NZドル/ドルは0.6300までレンジ上限を拡大し、豪ドル円は83.84円、NZドル円は75.60円まで上昇した。

   <参考>    東洋経済オンライン:9月7日の記事より 【「株価急落=アベノミクス失敗」は正しいか・金融緩和の効果を素直に認めない残念な人達】村上 尚己著 :アライアンス・バーンスタイン(AB) マーケット・ストラテジスト    8月中旬まで日経平均株価は2万円台で堅調に推移していたが、8月25日には1万7806円まで大きく下落した。その後、いったんは値を戻したものの、9月4日の終値は1万7792円と再び1万8000円を割れてしまった。
 『株価急落を煽り立てるマスコミの心理構造』   株価急落の背景は、中国経済への懸念をきっかけに世界の金融市場が大きく動揺し、それに日本株市場も巻き込まれたことが主因である。急落後の1週間で動揺は和らぎ、先進各国の株式市場は下落分の半値戻しとなり、パニック売りの商状はいったん収まったかのように見えた。だがここへ来て中国や周辺国経済の減速ははっきりしてきたように見える。また米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ判断を控える中で、日本株を含めて、世界的に金融市場の不安定な状況は続いている。  8月末以降のように日本株が急落したりすると、メディアは株価急落をセンセーショナルに伝えがちだ。株価下落そのものが長期化すれば経済活動にネガティブに作用するし、また将来の景気変動を先読みして株価が動くケースもあるので、株価急落には相応に注意を要する。ただ金融市場はさまざまな思惑によって常に動くし、時には思惑だけで値動きが荒くなり8月末以降のような株価急落もたまには起きる。金融市場は時には不条理に動くから、マスコミにとっては、エキサイティングなのかもれしれない。   2012年末にアベノミクス相場が始まってから、高値から10%以上の株価下落は今回で4回目になる。年に1、2回程度はこうした調整は起きるわけだが、2015年は中国への懸念が大きくなり、8月(★:私心:8月24日ショック)に起きた。日本株の最近の急落は、世界的の市場参加者の心理が悲観方向へ揺いだことでもたらされた側面があり、そうした値動きが年に1回程度起きるという意味では想定されうることだ。  
 『金融緩和の効果を否定するのは無理がある』
  株価急落が起こると、ここぞとばかり、金融緩和強化を軸に据えてきたアベノミクスに対する批判的な意見が増えてくる。アベノミクスの「3本の矢」戦略が開始された後、最初の株価急落時は2013年5月に起きた。このときにもアベノミクス批判が相当盛り上がったが、今回もあのときとほぼ同様、「金融緩和政策への懐疑論」はなお根強いようだ。 「緩和マネー頼み」で演出された株高が持続しないのは当然であるという立場から、株価急落=日本銀行による異次元緩和に依存したアベノミクスの警鐘、というのが典型的な議論だろう。  だが実際には、日本銀行の金融緩和強化が日本株市場を復活させたことは否定できない。また日本での株高が「緩和マネー頼み」と言い切るのは難しい。アベノミクス実施以降の日本経済の復調で、法人企業統計ベースの企業の経常利益は2015年4−6月に20兆円に達し、過去最高水準を更新している。2012年末の金融緩和強化によって、経済成長率の高まりとデフレの和ぎが、企業利益拡大を後押ししたためだ。そして、雇用者数が増え、失業者数が大きく減少するなど、実体経済の改善は幅広く起きた。   ただ、企業利益はすでにリーマンショック前の水準を大きく上回っているが、株価を日経平均株価ではなくTOPIXでみると、2008年のリーマンショック前の高値に届いていない。  8月中旬まで日本株市場で起きていた株高は、企業の利益改善を反映し実現した側面が大きい。確かに、先行して上昇していた欧州株が調整する中で、日本株が7〜8月に高値を維持したのはやや楽観的過ぎたかもしれない。だが、先進国各国との比較でみてもわかるように、日本株市場の予想PER(株価収益率)が他国より飛びぬけて高いかと言えば、そうではない。  もちろん、今後企業利益の急減をもたらす景気失速が起きれば、日経平均2万円は割高だったということになるかもしれない。それゆえ、景気・企業利益の失速を前提にすれば「割高な株価が下がる」という議論は理解できる。ただ、最近蘇っているアベノミクス批判の多くは、「緩和マネーで株高や不動産価格上昇が起きている→この動きは長続きしない」という、表層的な議論にどどまっているようにみえる。  また、アベノミクス批判として同様によく見かける「経済構造の問題が解決しないと株高は続かない」というのも曖昧な議論である。実際には、インフレ率が2%前後のプラス領域で安定していない日本経済であれば、金融緩和強化で総需要が刺激されるので成長率・企業利益はさらに押し上げられる。なので、仮に株安・企業利益減のリスクが高まっているのであれば、「金融緩和をもっと強化すべき」がシンプルなロジックになる。この点からも、株価急落が「アベノミクスへの警鐘」というのは的外れに思える  
『批判が急増している今回も、投資のチャンス?』
  8月末以降の株価急落を伴うマーケットの動揺には、先に挙げた中国経済への懸念に加えて、FRB(米連邦準備制度理事会)が利上げを始める、つまり金融緩和修正が時期尚早であることへの疑念が払しょくされていないことがもう一つの理由に挙げられる(FRBの政策変更が、新興国リスクを高めている側面もある)。日本経済と比べれば、米国経済は名目成長率が安定して伸びているしデフレに陥るリスクはかなり低い。それでも、金融緩和という必要な薬がなくても、健康体に近づいた米経済は耐えられるかどうか、金融市場がナーバスになっているのが現実である。  いずれにしても、株価が急落するとメディアで増える「アベノミクスへの警鐘」には、納得しがたいものが多い。ただ、これまでの経験則では、こうした声が増える局面が事後的にみれば投資機会だったケースが多かったように思われる。
  ★:私心:今年度前半はユーロのギリシャ問題で世界各国が一致団結して解決しようとする強調の経済政策であったように思え,それに伴い米ドルが右肩上がりに為替値を押しあげ,世界各国が右へならえの状態であったが,現在は8月24日ショック以降(この時,私のFX口座は一つ吹き飛んだ=一番希望的安心の口座が?)中国経済の減速(株価暴落)が伝染病のごとく,世界各地に広がり,各国の為替値の急降下を招いた。  本日午前中は,米ドルは120円を割込んで119円〜118円のレンジ相場であり,アメリカの政策金利利上げの噂の影響で,新興国のトルコリラ・南アフリカランドなどは値下がりしたまま,浮上できない状態である。果たして世界的な経済状態がこのような状態でかつ米ドルが120円を割込んだ状態でアメリカは政策金利を上げることができるのだろうか?(上記の東洋経済オンラインの記事に疑問に思う。)  *9月16〜17日のFOMC(米連邦公開市場委員会)でFRBが利上げするようだと、さしものアベノミクス相場もいったん終了となる可能性が大きいように思う。(9月4日:東洋経済オンラインの記事一部抜粋:山崎 元 :経済評論家 )  しかし,午後2時すぎに各国の経済指標が発表されると各国の経済指標が良く,一気の米ドルは120円を超えた。これに各国の為替も上昇した。後はこの水準で維持できるかでる。できれば,この水準以上を個人的には期待したい。(少しは光明が見えたか?)  私のFX口座は2口座(大口・小口)残っているが,先週末より,一つ口座(大口)がアラートサインが点滅し,毎日がはらはらどきどきで,昨日,最後の追加増資を行った。もう袖は振れない。とにかく,どこかの国がこの世界的経済状況を打開し,右肩上がりのグラフへの道を示してほしい。  私は本当に背水の陣で,一歩も引くことも進むこともできない状況にあり,ここ3〜4日はブログを更新する気持ちも萎えていた。本当に神頼みである。悲しいかな貧乏は? 本当に貧民層からの脱出は難しいものですね!・・・・・・

                     
(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー     (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
フルーツメール
きもち:超悪い  

<<前の記事 次の記事>>
  

コメント一覧
  



■ p(・н・)qガンバッテ!  

o(゜д゜)ノファイトダヨー!

必ず春はやってきます!


返信フォーム
タイトル(必須)

名前            

URL           

内容

  
画像認証パスワード  (画像に描かれている文字を半角で入力してください)


風車さん  [HP]  [2015-09-08 22:52] 


風車さん  [HP]  [2015-09-08 22:52] 


  


このコメントへの返信

  

  


ありがとうございます。
 バカは死ななきゃ治らない。どうせ一度の人生自分の目標目指して、玉砕しても悔いは無し。…
楽天百太郎さん [HP]10月06日18:42
ありがとうございます。
 バカは死ななきゃ治らない。どうせ一度の人生自分の目標目指して、玉砕しても悔いは無し。
 今の生活状況を変えるには自分の努力が必要だと思い、がんばります。

返信フォーム
タイトル(必須)

名前            

URL           

内容

  
画像認証パスワード  (画像に描かれている文字を半角で入力してください)


楽天百太郎さん [HP]10月06日18:42

  

コメントの新規投稿

タイトル(必須)

名前


URL

内容

画像認証パスワード

画像に描かれている文字を半角で入力してください

       



トラックバック トラックバックとは?

この記事へのトラックバック URL  http://point-b.jp/b/tb.php/201264
  現在トラックバックされた記事はありません。






ウルトラQUIZ懸賞 無料会員登録




最新トレンドアイテム豊富★メンズファッション通販サイト【428DROPP(シブヤド ロップ)】


166円からの英文添削・英語添削・英語日記添削【アイディー】



  令和2年 初マラソン完走

  令和2年 初マラソン完走

  令和2年 初マラソン完走

フォト一覧





外部コンテンツ一覧



23日 09:31 皇帝ペンギン
24日 06:29 皇帝ペンギン
17日 16:26 皇帝ペンギン
14日 06:57 cou
09日 05:58 皇帝ペンギン
08日 07:30 皇帝ペンギン

ザイ FX
みんなの趣味の園芸 NHK
HSBC 投資環境レポート
JRA
まる高マラソン大会

ポイントブログへ今すぐ無料登録!超簡単、5秒でブログが開設できます!



TOP
新規会員登録
利用規約
ガイドライン
プライバシーポリシー
会社
会社概要
FAQ
ヘルプ
お問い合わせ
不正通知

【PR】もみの匠 | 池袋店 | 船橋店 | 渋谷店 | 上野駅前店 | 八戸駅前店 | 神田店 | 西荻窪店 | マッサージFC | マッサージ店舗検索 |
出張マッサージ | 全国マッサージまとめ | YouTube 運営代行 | YouTuberマッチング | アプリ665 | SHOWROOM公式配信 | HP制作
【PR】 全国訪問看護まとめ | 全国エステまとめ | 激安カラオケまとめ | Vtuber動画まとめ | HACCP665 | SHOWROOM比較
| まとめてランキング | セルフ脱毛サロン | 立川 セルフ脱毛 | 津田沼 セルフ脱毛 | 新宿御苑 セルフ脱毛 | 神田 セルフ脱毛 | 渋谷 セルフ脱毛 | ネットカフェ